アイフルの金利はどれくらい?引き下げる手段や利息の計算方法も解説!

「アイフルの金利は何%」「アイフルの金利は他社と比較して高いの?」「アイフルの利息計算ができない」

という疑問を多く耳にします。

アイフルは20代、30代の利用者数が多く、口コミの評判も良いカードローン会社です。CM好感度が高いため、新規に選ばれる方が多いです。

アイフルを始めて利用する方にとっては、アイフルの金利や利息について分かりにくいという方もいるかもしれません。

金利や利息はカードローン利用が初めての方は詰まりやすい部分。そこで本記事は以下の方にも分かりやすいように書いています。

  • 利息計算が苦手
  • 計算するのが面倒

また後半では金利を下げる方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:https://www.aiful.co.jp/statement/usecase/

アイフルの金利は高い?他社と比較して検証

アイフルの金利は高いと口コミで噂になっていますが、本当なのでしょうか。そこでアイフルと同じく人気の消費者金融である他社と比較してみました。

  • アコム
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

上記の3社を比較すると次のような結果となりました。

金利
アイフル 3.0~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%
アコム 3.0~18.0%
SMBCモビット 3.0~18.0%

下限金利(アイフル3.0%)は、アコムとSMBCモビットと同じ値で、レイクALSAよりは1.5%低く設定されています。

一方、上限金利(アイフル18.0%)は他社と同じ。

下限金利が他の消費者金融と同じく、レイクALSAより低く設定されているのでお得に感じます。

しかしほとんどの場合、下限金利は融資限度額の上限に達したときだけ適用される値。大体500万円以上借りなければ滅多につけられません。

下限金利のことはあまり考えない方が無難です。

結果としてアイフルは、上限金利は他社と同じため、他社と比較して金利が高いわけではないので安心してくださいね。

アイフルでは通常の金利は3.0%~18.0%ですが、初めてアイフルを利用する方限定で、ファーストプレミアムカードローンという特別なプランもあります。審査基準は厳しくなりますが、審査に通れば金利は3.0~9.5%まで下がります。

アイフルの審査は何度でもできるので、試しにアイフルに申し込んでみても良いかもしれませんね。

アイフルの金利は利用限度額によって幅がある

アイフルの金利は3.0%~18.0%まであります。なぜこんなに幅があるのかといえば、利用限度額により適用される金利の値が違うからです。

利用限度額とは「何万円までなら借りられる」と決められた上限の金額です。利用可能枠ともいいます。利用限度額が100万円と通知がきたら、100万円の範囲で自由に借り入れや返済が可能です。

例えばAさんが20万円を利用限度額と設定された場合を考えてみましょう。

最初に10万円を借りたとき、利用限度額が20万円ですので、残り10万円の借入できる枠があります。

1回目の借入 20万円(利用限度額)-10万(借入金額)=10万円(借入可能枠)

この20万円以内ならAさんは何度でも借入や返済を繰り返してもOKです。

ここから5万円を返済すると、以下のようになります。

1回目の返済 5万円(返済額)→15万円(借入可能枠)

5万円返済したので、借入可能枠に追加されて、残り15万円まで借りられるようになりました。

アイフルではこの利用限度額は1万円~800万円まであります。これを3つに区切って金利に幅を設けています。

下記がその利用限度額と、それに対応した金利設定です。

利用限度額 金利
50万円以上 3.0~18.0%
100~300万円以上 3.0~15.0%
300万円超から 3.0~12.0%

例えば50万円借りた場合、18.0%が上限金利となりますが、100万円以上のときは15.0%まで下がります。このようにアイフルの金利は利用限度額によって違います。

ちなみに自分がいくらの利用限度額になっているか気になる方は、アイフルの会員ページから確認可能です。

アイフルの利用限度額は審査によって決められる

アイフルの金利は利用限度額によって幅があります。300万を超えたら金利は12.0%まで下がるため、どうせなら高い金額を定めて欲しいですよね。

しかしアイフルの利用限度額は審査により厳密に決められます。審査する内容は以下のものです。

  • 年収
  • 家族構成(世帯数、住居は賃貸か持ち家か)
  • 職場(会社規模、入社年数)
  • 他社の借入状況(他社ローン件数、他社借入額)

このような項目が審査では見られます。

必ずしも望む結果となるとはいえないのでそのつもりでいましょう。貸金業法の総量規制対象のため、特に年収はよく見られるポイントです。

総量規制とは以下のものです。

「返済能力を超える貸付け」は禁止されています。

この「返済能力を超える貸付け」に該当するか否かを判断する基準の一つとして、新たな貸付けにより借入残高が、年収の3分の1を超える場合に、原則として返済能力を超えるものとして禁止されるのが、いわゆる総量規制です。(引用元:https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/annual_income.php

私たち消費者がむやみな貸付けにより返済に困らないように、国の方で年収の3分の1以内の額しか借りられないよう法律が制定されているのです。年収が少ないと少額しか融資されません。

アイフルでは審査前の申し込み段階で、アイフル側に希望限度額を伝えます。基本的に自分の借りたい額をいうものですが、そこであまりに大きな金額をいうのはNGです。

上記の通り、アイフルは審査の際、収入や他社の借入状況について調べます。そのため、ローン申込者に希望金額を貸したとして、返済できるのかがすぐに分かるのです。

度を越した金額を記載すると、「返済できそうにないのに申し込んだ」とアイフルとの信頼関係が揺らぎます。また「計画性のない人、貸し倒れしそうな人」といった印象を与えてしまい、融資されない、利用限度額を極端に減らされる危険性もあるため要注意です。

希望限度額は返済可能な額を伝えましょう。

初回貸付けは大抵の場合、50万円未満を利用限度額とするケースが多いです。顧客に返済能力があったとしても、きちんと計画通りに返済してくれるのかは分からないからです。

また下記に当てはまった人は利用限度額を高く設定されないかもしれません。

  • 他社で借り入れしている
  • 収入が低い
  • 転職して間がない
  • 過去金融事故を起こした

他社で借り入れしている、収入が少ないなどの状況は、アイフルに返済にあてる金額も少なくなるため、少額しか融資されない可能性が高いです。転職して間がないと、収入面も変化しているのでアコム側も慎重に検討せざるを得ません。

さらに過去金融事故を起こしていると、少額融資どころか審査すら通らない可能性があります。金融事故とは長期滞納や自己破産、債務整理のことをいいます。所謂ブラックリストと呼ばれる項目で、アイフルは信用情報機関でこれらの情報を調べてから審査しています。

金融事故を起こしている場合、最大5年間は信用情報機関に登録されるため注意が必要です。

アイフルで金利を引き下げる方法は3種類ある

アイフルで金利を引き下げる方法は3種類あります。

「友人、同僚の結婚式が重なり費用が足りない」「趣味にお金を使い過ぎた」「ボーナスがカットされてお金がない」など色々な理由でローンを利用する方は多いです。

月々の返済額を減らすには金利を下げるしかありません。

アイフルでは以下の項目により金利が下げられます。

  • 返済実績を積む
  • おまとめローンで借入する
  • 増額をして利率を下げる

上記の要件をうまく活用すれば、金利が下がる可能性が出てきます。詳しく見ていきましょう。

アイフルで返済実績を積む

アイフルで金利を下げるには返済実績を積むことが重要です。特にアイフルに働きかけもせずに実績を積むだけですから、一見消極的な行動だと考える人もいるかもしれません。しかし1番デメリットが少ない堅実な方法になります。

ここでいう返済実績がある人とはそもそも何かというと、以下の要件に当てはまる行動を起こしている人のことです。

  • きちんと毎月遅延なく返済している
  • 繰り上げ返済を活用している
  • アイフルと途切れずに付き合っている

アイフル側としては返済を滞らせない人が良いに決まっています。きちんと毎月遅延なく返済していると返済実績があるといえます。

長い間アイフルと付き合いがあれば信用力ができてきます。顧客のデータも把握しているので、今よりいっそう贔屓に利用して欲しいので金利を下げてくれるかもしれません。アイフルから競合他社に乗り換えられたくないからです。

さらに金銭的に余裕があり、繰り上げ返済を使って短期間で返済している人なら、金銭面で余力があると判断されます。

長期的に借り入れて毎月コツコツ返済していればアイフルにお得意様だと認められます。

ただし返済実績を積むにはそれなりの利用期間は必要だと思われます。顧客が貸し倒れしてお金が回収できないのは、最も避けたい事柄だからです。

アイフルのおまとめローンで借入する

その他特殊な方法になりますが、アイフルのおまとめローンで借入すれば今より金利は下がります。おまとめローンとは、下記のような方におすすめの方法です。

  • ローン返済が苦しくなってきた
  • 多重債務を抱えている
  • 複数他社で100万円以上借りている

このような問題を抱えている人の悩み解決に貢献できる商品です。おまとめローンを使えば他社のローン債務をアイフルでひとまとめにできます。

他社ローンをアイフルでまとめると、金利を通常よりも安くできます。

例えば他社数社の借入合計が100万円あるとします。これをアイフルで一本化すると、金利は必ず15.0%まで下がります。100万円融資の場合のアイフルの利用限度額が3.0~15.0%だからです。

さらに総量規制の対象商品でないため、年収の3分の1を超えるローン債権もアイフルでまとめられます。

総量規制になじまない貸付け(「除外貸付け」)や、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付け(「例外貸付け」)については、たとえ、年収の3分の1を超えていても返済能力があると認められれば、貸金業者から借入れすることができます。(引用元:https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/annual_income.php

アイフルのおまとめローンは上記の「例外貸付け」に当たるため、※返済能力があると判断されれば利用できます。他社消費者金融だけでなく、銀行系ローン、クレジットカード決済のリボ払いもひとまとめにできます。

※審査があります
※新たな借り入れは基本的にできません。
※新たな借り入れ希望の場合はアイフルに相談が必要

ただし、おまとめローンは返済専用のローンであるため、返済が苦しくなった方におすすめの方法といえます。

アイフルのおまとめローンには2種類あり、それぞれ特徴があります。「かりかえMAX」と「おまとめMAX」です。

かりかえMAXとは他社のローン契約をアイフル側に移すシステムです。これまでの他社に返済していた行為を、これからはアイフルにするものです。

おまとめMAXはアイフルと他社のローン契約をアイフル一本でまとめるシステムです。これからはアイフルのみに返済を行います。

借入金額の増額をして利率を下げる

金利が今より必ず下がる方法として、借入金額の増額があります。借入金額の増額とは、アイフルから通知を受けた利用限度額をさらに上げることです。

アイフルで利率を下げるには、具体的には100万円以上の融資を望めば下がります。アイフルでは利用限度額により100万円以上の借り入れなら15%が適用されるからです。

利用限度額が広がった場合、返済を行い返済金額が段階的に減っていっても、設定された利率のまま完済できます。

ただし増額審査に受からければなりません。アイフルでは増額審査には初期申し込み時と同じような審査を行っています。

初めの審査で提出した書類一式をもう一度出す必要があります。またアイフルの融資額が50万円を超える場合、収入証明書も必要です。

増額審査は初期申し込み時よりも厳しくなると想定されます。増額審査に通る人というのは、この顧客に貸しても必ず返済すると判断された人だからです。

利用限度額が増えるというのは、アイフル側にとっては前よりも貸し倒れされるリスクが増えることを意味します。消費者金融は貸し倒れ発生の際の補填として金利を高めに設定しているといわれています。

リスクを負う必要がないと思われないと増額審査には通りません。つまり返済能力がある人でないと利用限度額は上げられません。

しかし審査に通れば金利が下がる可能性があります。

増額審査はアプリと電話から申し込み可能です。aiメール(アイメール)で増額案内が来ることもあるため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

アイフルの利息を実際にシミュレーション!計算方法は?

アイフルの利息は高くないと説明しましたが、実際どれくらいかかるのか、イメージがつきにくいですよね。そこでアイフルの利息が実際にいくらなのか「1万円」「10万円」借りた場合をシミュレーションしてみました。

「1万円」「10万円」を設定した理由は、消費者金融での融資を申し込む方は少額融資を希望されるのが多いからです。

1万円を30日間ご利用の場合

アイフルで1万円を30日間借りたときの利息額を見ていきましょう。

金利18.0%の設定としています。100万円未満の融資の場合、金利は18.0%と定められるケースが多いためこのようにしています。

利息 147円
総返済額 10,147円

利息の計算は苦手な方が多く、アイフルの公式ホームページでも

元金×年利÷365日×借入日数

と書かれているだけで、少し分かりにくいです。

そこで詳しい利息計算の流れを説明していきます。

まず利息額を計算する式をより詳しく書くとこうなります。

元金(契約金額)×年利(アイフル3.0~18.0%)÷365日×借入日数

元金とは借りた金額で、年利とは、年間にかかる利息のことです。アイフルでは3.0%~18.0%の設定です。

元金と年利をかけて年間にかかる利息額を出してから、365日(うるう年は365日)で割って1日分の利息額を算出します。アイフルは日割り計算なので、借りた日数をかけて総利息額を出します。

1万円を金利18.0%で30日間借りたときの実際の計算式はこうなります。

10,000×18.0%÷365日×30日=147円

これを詳しくすると

10,000×18.0%=1,800円(1年分の利息)

1,800÷365日=約4.93円(1日分の利息)

約4.93×30日=147円(30日分の利息)

このようになります。理解いただけたでしょうか。

1年分の利息額を出してから、1日分の利息を算出します。その後借入日数分を出すという手間が必要となります。

10万円を30日間ご利用の場合

1万円の利息額は上記の通り計算しましたが、アイフルで10万円を30日間借りたときの利息額はどのようになるのでしょうか。

金利18.0%の場合を想定しています。以下のような値となりました。

利息 1479円
総返済額 10,1479円

10万円を30日間利用の場合の計算式は以下の通りです。

100,000×18.0%÷365日×30日=1,479円

詳しい計算式は

100,000×18.0%=18,000円(1年分の利息)

18,000÷365日=約49.31円(1日分の利息)

約49.31×30日=1,479円(30日分の利息)

1万円のときと同じように「1年分の利息→1日分の利息→30日分の利息」と順番通り計算しています。

返済額を減らすには金利を下げる必要がある!

「少しでも返済額を減らしたい」「返済を楽にしたい」とこのようにお考えではありませんか?ローンの返済額を減らすには金利を下げる必要があります。

金利を下げると利息が減りますから、返済する額も下がります。

実際金利が下がることで返済額にどのような差額がうまれるのかシミュレーションしてみました。

1万円を30日間借りた場合の返済額です。金利18.0%、15.0%、13.0%が適用されたケースとなります。

金利 返済額
18.0% 10,147円
15.0% 10,123円
13.0% 10,106円

10万円を30日間借りた場合の返済額です。金利18.0%、15.0%、13.0%が適用されたケースとなります。

金利 返済額
18.0% 11,479円
15.0% 14,109円
13.0% 11,068円

1万円借りる場合では違いが分かりくいかもしれません。

10万円のときは、18%と13%の金利5%の差で「411」円ほど開きが出てきます。

つまり少額融資のときは上限金利を設定していてもあまり差が出ず、大きな額になるにつれ金利による利息差は明確に出始めます。金利が下がれば利息は下がるのです。

一度きりの融資なら問題はないのかもしれません。その後何度も借入れを行う予定の方や10万以上の融資を希望する方は、金利の下げる方法をあらかじめ知っておくと大変役立ちますよ!

アイフルは無利息キャンペーンでお得に借りられる

アイフルでは30日間利息0円のキャンペーンを行っています。契約翌日から無利息のため、無利息期間を目一杯利用した方がお得になります。30日間まるまる借りましょう。

無利息キャンペーンを適用したら30日が過ぎても、2~3か月の短い期間なら銀行系カードローンよりアイフルの方がお得です。

でも実際お得と聞いても、いくらくらいお安く借りられるのかよく分かりませんよね。そこで、無利息期間を適用すると何円安くなるのかシミュレーションしてみました。

金利18%で30日借入れした場合を想定します。すると以下のような結果となりました。

借入金額 利息 総返済額
10万円 1,479円 101,479円
20万円 2,958円 202,958円
30万円 4,438円 304,438円
40万円 59,17円 40,5917円
50万円 7,397円 507,397円

10万円から融資金額が上がるにつれて、利息がどんどんお得になっているのが分かります。

この無利息期間中に繰り上げ返済を積極的に利用すると、後々の返済が楽になりますよ。

アイフルの無利息キャンペーンを利用する条件は?

30日間無利息で借りられるアイフルのキャンペーンですが、利用するにあたって条件があります。この項目に該当しなければ無利息は適用されないため、自身が当てはまるのか確認してみてくだい。

アイフルを初めて利用する方

アイフルの無利息キャンペーンの適用者は、アイフルを初めて利用する人が対象です。かつてアイフルでカードを作った人は適用できませんので注意しましょう。例え借り入れしていなくても利用できません。

アイフルで初めて利用する人が多いため、この条件には多くの人が当てはまります。

アイフルの新規利用者数は決算データである「アイフルR」と見ると下記のような数にのぼります。

  • 2018年度 211,343人
  • 2019年度   180,666人

参考:https://www.ir-aiful.com/data/current/PR201709.pdf

https://www.ir-aiful.com/data/current/DB201903.pdf

アイフルに初めて申し込む人は毎年18万人以上で、さらに評価が高いのが特徴です。

それを表すデータとして、インターネットリサーチ会社ショッパーズアイがカードローンの好感度調査を行っています。

アイフルを含むカードローン10社を調査したところ以下の項目でナンバー1に輝きました。

  • 初めてのカードローン利用でも安心した
  • 返済に選べる選択肢が多い
  • CMに対する好感度が高い

「初めてのカードローン利用でも安心した」といった方は、カードローン1年以内の利用経験者となります。

上記の結果から、アイフルは初めての方に好まれるカードローンであるといえます。

参考:

https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PE11H900

https://www.shoppers-eye.co.jp/release/0522-2/

※調査は2020年4月に行われました

 アイフルの無担保キャッシングローンを利用する

無利息サービスを適用するには、アイフルの無担保キャッシングローンを利用する必要があります。

無担保キャッシングローンとは、融資を受ける際、何も担保がいらないローンのことです。通常住宅ローンなど担保ありのローンでは、代金を弁済できない場合、住宅が担保として差し出されます。

無担保ローンでは、それら担保がいらない代わりに、金利が高くつきます。金融機関側としては貸し倒れされた場合、貸し付けた融資を補填できないため、そのリスクを金利で補っているのです。

アイフルには様々な無担保キャッシングローンが存在し、それを選択しなければ無利息サービスは使えません。以下のものは無利息サービスを利用できるカードローンです。

  • キャッシングローン
  • ファーストプレミアムカードローン
  • SuLaLi

キャッシングローンとはアイフルのスタンダードなカードローンになります。1番利用者も多く選ばれているローンです。

ファーストプレミアムカードローンは3.0%~9.5%と金利が低いためお得に借りられます。しかし「満23歳以上59歳まで」と年齢幅が、キャッシングローンやSuLaLiの満20歳以上よりも狭まっているため、審査が厳しいと想定されます。

SuLaLiは女性専用カードローンで女性オペレーターが電話口で対応するため、女性にとっては安心して利用できるローンです。カードデザインも2種類から選べ、消費者金融のカードとは思えないほどとても華やかです。

女性が持ち歩きやすいデザインになっています。

お好きな商品を選んで無利息期間を賢く使ってくださいね。

コメントする